2016.03.11 あれから5年
明日は「3・11」

忘れもしない、東日本大震災の発生した日です


もう5年、まだ5年
人それぞれに感じ方は違うと思います

沢山の人が命を落とし
大切な家族、愛する人を失い
家も会社も田畑も流され
怖ろしい原発事故によるパニックが起こり
首都圏は交通マヒ
物流のストップによる、生活必需品の欠乏
計画停電

人々が長年かけて築き上げてきたものが一瞬で無くなってしまう恐ろしさ

まさか自分が生きているうちにこのような体験をするとは思いませんでした


あの時は、とにかく家族を守る事で必死でした
都内に居た子供達との連絡が取れず、
不安でたまらなかった夜
ようやく連絡が着いた時の全身から力が抜けるような安堵感
家族が無事でいた、というコト以上に幸せな事はない、と感じた


我家は震度5強
あれだけ揺れたのに、電気も水道も損傷なし
でも1キロ先では断水と停電状態でした


震災から1か月以内で、会社のパートさんたちが多数退社した
家が液状化で傾いてしまった人もいました
また原発事故の風評で、東日本にいるのはキケン、というウワサが流れ
小さいお子さんのいる派遣社員の方は逃げるようにして関西のご実家に帰ってしまった
韓国人の社員は、放射能が怖い、と、ノイローゼ気味になり、自国に帰国した


いろいろあったけど、
今は何もかもなかったかのように日常生活が営まれている
首都東京に近い関東地方の復興はあっと言う間だった

それとともに、
徐々に震災の事も、被害の事も、薄らいでしまっていた

でも、やはり
この日が来ると思いだす




この先、あと何年? 何十年?
わからないけど、
大震災は確実にどこかで起こる、と言われている


科学の力をもって、予知が確実に出来るようになってくれたら・・・
と期待しつつ

いつ、その時が来ても最低限の対処が出来るように
少なくとも自分と自分の家族の事だけでも、人に迷惑をかけずにいられるように
必要な備えをしておかなくてはいけないと、改めて思いました



明日は真冬なみの厳しい寒さの一日になりそうです






今日もポチっと応援よろしくお願いします

にほんブログ村



にほんブログ村











スポンサーサイト
Secret