2014.03.05 ママの卒業
3月、卒業シーズンですね
皆さんのお宅でもお子さんが卒業の方もいらっしゃると思います

我家は上の娘が大学4年生、今月卒業式を迎えます
4月からいよいよ社会人
本当にあれよあれよ、と、こんな日がやってきました

月初めの1日、娘に最後のお小遣いを渡しました
「これが最後だね」
って、言いながら、淋しいようなホっとしたような

そのうち私がお小遣いをもらうようになったりして~(当分先の事でしょうけど)


卒業式は、やはり女子大生ですからね
ハイカラさんみたいな袴姿になるようですよ
思い返せば私もその姿で卒業しました。
考えてみれば何で袴なのか?とは思いますけどね
でも娘のその姿を見たらウルっときちゃいそうです

卒業式は平日だし、大学生になって親が参加するというのもどうかな、と思いますので
家で見送る予定です。

なんでも卒業式の後は、ゼミの仲間とリムジンを借り切って都内の名所をドライブし
夜はホテルでお泊りするらしいですよ(そういうプランが旅行代理店などであるらしいです)

今の子たちは面白い事を考えるものですね~
最後ですから、楽しく思い出になることであればいいのかな、って思います



幼稚園、小学校、中学校、高校、大学
いつの時も、それぞれに思い出が浮かんできます
幼稚園の入園式の直前に、ぜんそくで数日間入院し、病み上がりで臨んだ入園式はグズって泣き顔で写真に写っていました。

小学生の頃、おませだった娘はバレンタインの時に好きな男の子に手作りチョコを作り、
その子の自宅がわからなくて、車でウロウロと探しながら、薄暗い中、ポストにチョコレートをドキドキしながら入れた事。
6年生の時は運動会の花形、鼓笛隊の指揮者として先頭に立って指揮棒を振る姿をビデオに納めようと、パパと2人で走り回りました。

中学生の時は部活のソフトボール部の試合で沢山の感動がありました。
部活のメンバーに内緒で練習の後に家から20キロ離れたバッティングセンターに毎晩2人で通い、
その結果、3番バッターに抜擢されたこと。試合で活躍出来たこと。楽しかった\(^o^)/

高校生の時は英語を頑張って勉強して2回もオーストラリアに行きました
一日の出来事を何でも話してくれて、深いつながりの友達も沢山出来て、毎日が充実していた高校生活だった
大学受験は第一希望には入れなかったけど、娘に一番ぴったりの大学に入学して、結果的に一番良かったと思う


大学生活はピアノのサークル活動に熱心に参加して、素晴らしい友達が沢山出来た
塾講バイトも結局4年間続けて、生徒さんにも慕われて、良く頑張ったと思う
車の免許を取って、車を購入。ローンを組んで自分で払い続けてるのも後1年間で終了



ま、普段の生活を見ていると
まるでネコですよ
パパさんがニャンコ欲しいーーって言ってるけど、ココにいるじゃん、って感じ?
家事とか期待してはいけませんからね
気が向いた時に何かやってくれる、ってくらいです(^_^;)


そんな娘ですが、彼女が家に居るだけで、家の中はLEDライトを最強にしたくらいの明るさになります
一瞬でひまわりの花が咲き、リスやウサギがピョンピョンと跳ね回るような感じになりますよ
なので留守の時はとっても淋しい感じがしますね
これからはそういう時が増えてくるのかもしれません
徐々に慣れて行かないと・・です



娘の卒業、ですが、実はママの卒業かもしれませんね
(卒業しないと!)



そのうち息子についても書きたいと思います(^^)





ではでは
今日もポチっと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Secret