12月4日(水)
この日は今回ウシ子が一番楽しみにしていた、世界遺産「モンサンミッシェル」への一泊旅行です。
ホテルにスーツケースを置いて、小荷物だけを持って出ます。

まずは朝ごはん  パンとチーズだけです やっぱり温かいお料理がないと物足りないですね
1204-001.jpg

モンサンミッシェルまではパリ市内のモンパルナスという駅からフランスの新幹線にあたるTGVで行きます。
9時過ぎのTGVに乗る為に、モンパルナス駅に30分前には着いているように、と旅行会社からの案内があったので、8時にホテルを出れば間に合うかな、って勝手に思ってたのですが、
ホテルのフロントさんに聞いたら45分かかると言われ、
まずは地下鉄の駅までダッシュ!
モンパルナスの駅でダッシュ!

もう口から心臓が飛び出しそうでしたよ・・ 娘は若いだけあって平気な顔しています
しかもモンパルナスの駅、かなりデカイ駅で、TGVの乗り場を探してもさっぱりわからず。
あとでわかりましたが、地下鉄(メトロ)からまずは国鉄SNCFの乗り場に移動し、TGVのホームに行くわけですが、どこにもTGVとは書いておらず。時間は迫ってくるし焦りまくり。
駅のお店の人に聞いて移動、また移動先で人に聞いて移動。
やっと乗り場に来ることができましたよ。 もーー、ホント疲れた(-_-;)

レンヌまで行きます
四角で囲った所の下の地名、「ル・マン」ですよ! あの耐久レースの!
1204-002.jpg

地図で見るとこんな感じです。かなりの距離を移動しますね
1204-005.jpg

1204-003.jpg

座席はもちろん2等席。普通の指定席って感じですね
時速320キロも出るそうですよ~ 確かにかなり速かったわ
車窓の景色は窓ガラスが汚くて写真撮る気になりませんでした・・・
ウシ子のお仲間、ウシさんたちが沢山いましたよ~(^^)

レンヌまでは2時間半弱です。新幹線なのに20分くらい遅れました。
バスの出発時間まですぐですが、バスの方がちゃんと待っててくれました~
ここからバスで1時間ちょい。さらにシャトルバスに乗り換えて、やっとモンサンミッシェルに到着です
1204-006.jpg

曇り空なのが残念(>_<)

時間はもう13時。お腹が空いたのでまずはランチにします
レストラン 「ラ・メール プラール」
1204-007.jpg

結構、ハイグレードなレストランですね~
1204-008.jpg

モンサンミッシェルの名物料理といえば「オムレツ」
1204-009.jpg

これ、大きさ半端ないですよ!直径30センチ近くあるんじゃないかな
たっぷりの卵を泡立ててバターで焼き上げるんですって。
ふっわふわです。
感動して食べ始めましたが、途中でやっぱり飽きるのよね~ 残しちゃった!
で、会計でビックリ。たかがオムレツと思ってメニューの値段気にしてなかったけど、
2人で100ユーロ(14000円) 昼間っからあり得ないーー! 
観光地価格ってヤツですね。ま、名物料理だし食べるしかないですからね~、 良しとしましょう

レストランのある道は「グラン・リュ」というメインストリート。
ホテルやレストラン、お土産屋さんが両脇に賑やかに立ち並んでいます

1204-010.jpg



ホテルはすぐ近くにありました。フランス人の素敵な女性に案内されてお部屋へ。
・・・ってこの螺旋階段、すごいよね。 5階まで上がります。
もちろんエレベーターなんてものはありません。スーツケースがあったら絶対ムリですね
1204-011.jpg


お部屋はこじんまりしていますが、可愛くて清潔感があります。
そしてまたまた何故かダブルベッド(^^)
1204-012.jpg

そして、部屋の窓からは・・・
キターーーーーー!
1204-013.jpg

まるでおとぎの国ですね~♪


早速、散策に出かけますよ(^^)
まずはホテルの裏手  海ーーー! というか干潟ですね。 一日のうちに海になったり干潟になったりします。 
1204-014.jpg

ジャンヌダルクの像  そうです、ここは大天使ミカエルのお告げにより建てられたんですよ。ジャンヌダルクもまたミカエルのお告げにより戦いに出ることになるんですね
1204-016.jpg

とにかくね・・ 坂と階段がね・・・ 大変なんですよ・・・ ヒィヒィ(>_<)
1204-018.jpg

1204-019.jpg

ハァハァ・・・ もう口も利けません
1204-020.jpg

一番高い塔の先端に大天使ミカエルの金の像が立っています 写真にうまく写りませんでした
1204-021.jpg


ヒィヒィ、フゥフゥ(>_<)  登りきった所にある広場は「西の広場」と言います。
ホントは絶景なんだろうけど、曇ってて視界が悪いです。
団体のお客さんの中には杖をついて上っているご婦人もいらっしゃいましたよ
パパさんと一緒だったら、絶対に下で待ってるっていうに決まってます!
だから娘と来て良かったーー!
1204-022.jpg

やっぱり体力の差だわ  
1204-023.jpg

ここは修道院ですからね~ 静かな気持ちで見学しなくてはいけません
修道女の方がお祈りしてたりもするんですよ
1204-024.jpg

ここは見どころNO.1の場所なんですよ 天国を象徴しているそうです。円柱の微妙なバランスで柱が永遠に続くように錯覚させるそうです。 ゴシック建築の傑作と言われているんですって。
1204-027.jpg

あとは下りるだけです 下でポーズとっているのは身軽な娘~ 階段もピョンピョン下りて行きます
1204-025.jpg

さ、今度は夜のモンサンミッシェルルを見る為に、一旦対岸へ移動します。
1204-028.jpg

本来バスで移動する所をノンビリ歩きます。モンサンミッシェルがどんどん近づいてきます
遠くからその神々しい姿を眺めながら娘と2人で歩いた事はウシ子にとって忘れられない記憶となると思います
話で一番登場回数が多いのが、パパさんの事ですね
娘はとにかくパパが大好きなんです。
「ママはあんないいダンナさんが居てシアワセ者だよー」って言いますからね(^^)
そりゃそうですよ、娘には激甘ですからね。トイレでタバコを吸って匂いを籠らせるとか、くらいしか娘には悪い所はありませんからね。
その分、ウシ子が厳しくしないと、とんでもない浮世離れした娘になってしまいますから
時々手綱を締めるわけですよ。すると時々険悪になったりして~。
あー、あたしだって優しくして可愛がってあげたいけどね、2人してソレやってたらダメでしょーって思うワケですよ。だからパパさんに華を持たせてあげてます。


1204-029.jpg

すっかり夜の闇に包まれたモンサンミッシェル島内、ライトアップが綺麗にされていましたよ
かな~り寒いです 海辺なので常に風が強いようですが、この日は穏やかでした
1204-030.jpg

さぁ、夕飯にしましょうか。昨日はおせんべいでしたからね
美味しいものが食べたいです。フレンチというよりはパスタでも食べたいね~って
あとスープ! 
で、出てきたのがコレ
1204-031.jpg

見た目は美味しそうですけど、サイテー!
パスタ、冷めてるし(>_<) チンしてください、って言いたいくらい。(フランス語わからないし、英語もあまり通じず、結局言えないでガマン(-_-;)
スープはかなり特殊な味。これは単に口に合わないってコトだと思いますが。
魚のスープらしいんですが、ドロドロで魚かエビの混ざったような匂いでちょっとムリでした(^_^;)
サラダのレタスは傷んでるし・・
しかも値段も高い! 40ユーロくらい払った(5600円)

まぁ、こういうこともあるか、と2人で納得して、ホテルへ戻りました
この日は何キロ歩いた? 階段の上り下りと対岸からのウォーキング、朝の電車のダッシュ。
ヘロヘロに疲れて、撃沈
朝までぐーっすり寝ました


ということで、次回に続きます



ではでは
今日もポチっと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret