11月16日(土) 沼津港でのランチでお腹も満足、いよいよ伊豆半島を南下しますよ~

5月の伊豆ツーの時は箱根ターンパイクから伊豆スカイラインを走りました。
今回は師匠のプランで西伊豆方面からのアクセスとのこと、初のルートでウシ子もワクワク♪

師匠はスゴイですよ。地図を一切見ませんからね~
あれだけ装備もバッチリ、カスタムもいろいろしているワケですから、
ナビの一つくらい付いていても良さそうなんですけどね。
ぜーんぶ頭の中に入ってるらしいです。しかもルートパターンは複数あって、その時々の渋滞状況や時間の押し方によってルートを決めてるようです。
さすがタマちゃんのダンナ様で、ウチのパパさんが「師匠」と仰ぐだけのコトはありますね(^^)

ここからのルートはウシ子の推測が混じっていますので、多少違うかもしれませんが・・・

沼津から国道414号線で海岸沿いを南下します。
県道17号線に入り、あわしまマリンパークの横を通り過ぎ、内浦湾にそって走ります。
海がキレイーーーー(*^_^*) 
冬はグローブが厚くて走行写真が撮れないのが残念だけど、素晴らしい景色です。

見て見て~♪ 駿河湾の向こうに富士山が ♪───O(≧∇≦)O───♪
考えてみたら、海を挟んで富士山が見える場所って伊豆くらいでしょうか?
1116-012.jpg


タマちゃんとツーショット*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。
タマちゃんのウェア、おNEWの「B3」っていうヤツらしい。ミリタリーなカラーだけど、彼女が着ると女性らしく見えるから不思議。オシャレに着こなせるの、ウラヤマシイ~
1116-011.jpg

ウシ子号と富士山♪
1116-010.jpg


師匠より「これから山の方へ行くからね~」

ウシ子「・・・(ここはひとつ、ウシ子が成長したところを師匠にお見せしなければ!)」
と心の中で思ったのは良いのですが


ギャー、ひぇぇぇぇーー、コワーい! 曲がれないーー!(って言いながら足を着く)


景色は素晴らしく、道も整備されて綺麗です。時々道幅が狭い所もあったけど、
たぶんフツーに走れる道だと思うのですが、
なぜか身体が付いて行かず
バイクとウシ子がまるで息が合ってない走り方
先週、赤ベコの時は気持ちよく走ってたのにーーー、なんでや~??

後ろを走るパパさんには何度も注意されるものの、気持ちは焦るばかり。

師匠とタマちゃんは、それはそれは優雅に弧を描くようにスー~っと走って行きます。
タマちゃんとウシ子の車間距離はどんどん開いてしまい、まるで追いつけず(>_<)

絶景ポイントで休憩したときにはウシ子は憔悴状態でした・・・・(;><)
でも、みんなに慰められ? 元気を取り戻したのでした(^v^)
1116-015.jpg

師匠とパパさんは同じストリートグライド(FLHX)だよ(^^)
1116-013.jpg

パパさんもウシ子の後ろを走るのに疲れて憔悴・・・(^_^;)
1116-016.jpg

ココは「西伊豆スカイライン」っていうんだって!
こうして休憩している間にも沢山のバイクが走りすぎて行くのを見ましたが、
皆さん、速い! 速すぎるーーー!!  カッコ良すぎるーー!
パパさんには「あのバイクの3分の1の速さでいいから走ってくれる?」と言われる(>_<)
1116-014.jpg


その後もクネクネに半泣きになりながら、何とかついていく。
国道136号線に合流、土肥温泉のあたりで海岸線へ。

再び海を見ながらのマッタリツー♪ ちょっとホっとする(^^)
それにしても、タマちゃん、凄すぎ!
師匠との車間距離、最初から最後までずーっと均一なんですよ
こんなのアリ? 見えないロープで繋がってるみたいです
でも、実は、師匠が後ろを見ながら距離を一定にしている、という難度の高い走りをしているのです。
どちらにしても、この夫婦、ホントすごいわ~
ウシ子もあと数年したら、こんな風に走れるのかしら?

日がだんだん傾いてきました。
西伊豆は夕日が綺麗な事で有名なんですよね
海面が夕日に照らされてキラキラ
ボーっと日が沈むのを眺めていたいなぁ・・・って思ってしまうくらい、素敵な光景でした


なーんて、センチに浸っている場合ではない!
あたりは薄暗く、という状態から、どんどん闇に侵され、すっかり夜になってしまいました<(T∇T;)>
夜の山道って死ぬほど怖いですよ
ウシ子はトロいので、前を走るタマちゃんと差が開いてしまい、
すなわちウシ子先頭に走っているのと同じ状態になってしまうわけで
ダイナの暗~いライトじゃ、道筋がよくわからず、先がくねってるのか、まっすぐなのか、上りなのか下りなのか、とにかく良くわからず、もう死ぬ思いでしたよ
後ろのパパさんのライトの灯りが唯一手がかりでした。

先ほどは夕日に照らされてた海が、今度は月明かりに照らされて、それはそれは幻想的な世界でした。
そんな中を4台のハーレーが走る様子は、まるで映画のようにロマンチックでカッコいい図だったと思います。

・・・ってウシ子はそれどころじゃなかったんだけどね(>_<)


パパさんとのインカムも無言でしたよ。
この時のウシ子の集中力って言ったら、半端なかったですよ



そんなこんなで、何とかお宿に到着! 17時半ごろでした


というところで、次に続きます(^^)/



ではでは
今日もポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret