吉川晃司のライブに行く前、たまたま近くで行われていた、あるイベント会場に立ち寄りました


里親会  主催: nekonoko さん

里親、という定義は一体何か?
ペットの世界では、一度、またはそれ以上、別の人に飼われてた子たちを貰い受けて
家族として受け入れ、育てる存在の事、ともいうべきかな

原宿駅から徒歩7.8分歩いた所に、その会場はありました


ブロ友のNyaaaさんが、箱根のノラ猫ちゃんたちの保護活動をされているのを
彼女のブログを通して知りました。
かなり前からこのような活動を積極的にされているのですが、
元々、猫を飼った事のなかったウシ子としては、あまり関心のない事でした

でも、ニャンズを家族として迎え、一緒に暮らしている中で、
動物愛護の事を少しずつですが関心をもつようになりました
すると、Nyaaaさんを始め、保護活動をされている方の事を知って行くにつけ

これは大変な問題だ、  と、思いました




ウチにはニャンコが2匹おります
ブリティッシュショートヘアの美羽ちゃん(2歳)、マンチカンの海ちゃん(1歳)
どっちの子も大切な大切な家族です
子供が成人して子育てもなくなったウシ子にとって、
ニャンズたちは我が子と同じ
何があってもニャンズを守っていくつもりです

しかし、このニャンズ、2匹で数十万円も払いました((+_+))
このおカネがペット業界を潤わせ、また新たな命を故意的に生産する為に使われるのです
そういう悪循環についても最近になって認識しました

ペットショップで売られるニャンコたちは、繁殖猫として、妊娠を何度もさせられ出産する事だけを
役割として与えられた母猫から生まれた、見た目の綺麗な子がお店にセリに出されます
不細工な子やハンデがある子は別の業者に流されるそうです
その先は想像するだに怖ろしい事です

一方で、人間の勝手な理由で飼いきれなくなったニャンコたちを捨てて、
その子たちがノラになって、新たな命を作り、またそれがノラになって・・・
で、役所に連れていかれて、その先は・・・

罪もない、小さな命が、人間の手によって終了させられるという現実
なんと1年間で10数万頭の犬猫が殺処分されています
炭酸ガスの部屋に押し込められて、もがき苦しみながら死んでいきます(T_T)

こういう悪循環を繰り返している人間にはきっとそのうち天罰が下るはずです

こういった事態をなくすよう、多くの人が声をあげ、生体販売をする業者から命のやりとりをしないこと、
一度、ペットとして家族にしたら、一生面倒を見る事、

一人一人の意識とモラル、協力が必要です


私が本当にいい例です

でも、私の周りにも、世間にも、まだまだ多くの人が、ペットはペットショップで買うものだ、と
思っている人がいっぱいいます

もし、皆さんの周りに、ペットを飼いたいな、お店に見に行こうかな、という方がいらっしゃったら、
どうか、「里親」さんという出会いの方法があること、選択肢の一つとして、ぜひ考えてもらいたいことを
拡散していただけたら、と思います


原宿の里親会のニャンコたち
20160812IMG_4669.jpg
20160812IMG_4668.jpg

この子たちは熊本で被災した兄弟です
20160812IMG_4666.jpg

20160812IMG_4664.jpg

3か月くらいの小さい子が多かったですね
20160812IMG_4662.jpg

ボランティアさんたちのお世話のおかげで、みんなキレイになっています
動物病院でケア済ですから、安心してお迎えできる状態になってるんですよ
20160812IMG_4660.jpg

20160812IMG_4657.jpg

兄妹ニャンコはなるべく一緒に引きとって下さい、という風になっています
淋しいもんね
20160812IMG_4656.jpg

Nyaaaさんが箱根で保護して面倒を見ている「クオン」くん
ぐっすりネンネしていました。 今回、里親さんには縁が無かったようですね。
20160812IMG_4652.jpg


沢山のニャンコたちが、温かく迎えてくれる家族を待って、1日狭いケージの中で出会いを待っているんです
この子たちがシアワセになれるように、と、心から願うばかりです

もちろんウチに1匹でも連れてくる?とも考えました
が、残りの数十匹はどうなるのか?
そう思うと、自分の出来ることなんて、なんて小さな事しかないんだろう・・と、考えてしまいました

10数万頭の殺処分、この数を聞くだけでも、
もっと大きな力で、変化を起こさないと、この子たちの幸せには繋がっていきません

このブログを見てくれている方は、バイク乗りの方が殆どだと思います
でも何故か、バイク乗りさんにはニャンコ好きの方が多いみたいですね
ウシ子もまだまだ問題認識をしたばかりの初心者なので、
偉そうな事は何も言えないのですが、
これからの残りの人生、バイクライフと共に、動物愛護の事も少しずつ学んで、
自分で出来る事を少しずつやってみようと思っています



ではでは
今日もポチっと応援よろしくお願いします♪


にほんブログ村
スポンサーサイト